マンスリーマンションとホテルはどっちが得なのか検討しよう

マンスリーマンションの利点と欠点

業種によっては数ヶ月の出張がある職業があります。長期出張のとき悩むのは住まいのことです。マンスリーマンションに住むのかホテル暮らしをするかの2つの選択肢があります。「少しでも安く抑えたい」と思っている人は多いですが、両者をよく検討せずに決めてしまっている人がとても多いです。マンスリーマンションは1ヶ月単位で契約でき、同じ広さの賃貸物件より家賃が安いことに特徴があります。しかし、家事をすべて自分でこなさなくてはいけません。

ホテル暮らしの利点と欠点

ホテル暮らしの利点は自分の荷物さえきちんと管理しておけば、部屋の清掃はホテルの従業員がやってくれることにあります。食事もホテル下のレストランで済ませれば自分で用意しなくていいというのも大きいです。ホテルは入り口にフロントがあり、自分の部屋もオートロックなのでセキュリティは万全です。一方のデメリットは室内では本格的な自炊ができない点にあります。そして、どうしてもマンスリーマンションよりも費用が高くなりがちというところもデメリットです。

少しでも住居費用を安くするためにできること

マンスリーマンションもホテル暮らしも一長一短です。確かに、ホテルは高くなりがちですが「安心するための必要経費と考えれば高くない。」という声があるのも事実です。決定するにあたっては自分のライフスタイルも大きく関わってきます。少しでも安くするためにはいろんなところを探し、具体的な値段の例を提示しながら交渉していくことが大切です。できるだけ同条件のところを比較に出しましょう。そうすることでスムーズに交渉できます。

マンスリーマンションとは短期型の家具付きマンションですが、実際には冷蔵庫等の電気製品も備わって居り、単身者に取っては便利が良いマンションです。