アルバイト応募の電話をかけるのが怖い…勇気を引き出すマインドセットとは?

アルバイト応募の電話は不安がいっぱい対処法は?

アルバイト応募の第一関門が、応募する旨を告げる「電話」です。求人誌や情報サイトで良さそうな募集を見つけたら、まずは電話をかけて面接の約束をとりつけなければなりません。しかしこの電話をかけるという行為、ちょっと足踏みしたくなりませんか?「電話をかけたら、もうここで働く覚悟を決めなきゃならない」なんて、真面目な人ほど思い込んでしまいがち。こうなると、一本の電話がとても重たいものに感じられて、発信ボタンを押すのを躊躇してしまうことでしょう。どうすれば気軽に電話ができるでしょうか?

面接で品定めされるのは「応募者」だけじゃない!

アルバイト応募の電話は、しょせん第一歩にすぎないという事実を認識することから始めましょう。たとえばアルバイトの面接を受けた結果、先方から「ウチの職場には合わない」と判断されれば、採用を断られる結果に終わります。試用期間が設けられている場合は、仕事ぶりを見たうえで「契約しない」という結論に至るかもしれません。しかし、これって実は、別に雇用する会社側だけが持つ権利というわけじゃないんですよね。応募した人のほうだって、「自分には合わない職場だ」と思えば、契約前ならいつでも辞退することができるわけです。

その気になればいつでも辞退できる!だから電話しよう

ともかくも電話をして、担当者の方と会い、現場を見てみないことには、どんな職場なのか判断することもできません。「この電話はきっかけにすぎない。いつでも引き返せる」と考えて、まずは気軽に電話をしてみましょう。ただ、いざアルバイトの応募を辞退するとなったとき、断る意思を告げるのが苦手な方も中にはいるかもしれませんね。そんなときはこう言えばOKです。「申し訳ありません。他でアルバイトが決まってしまったので、辞退させてください」と。これで先方から追求してくることは、ほとんどないでしょう。向こうだって忙しいのですから。以上の考え方で、ぜひ気楽に応募の電話をかけてみてくださいね。

接客の求人は、未経験者でも安心して始めることが出来、特別なスキルが必要とされないことが人気の秘訣といえます。