保育士の免許は中卒でも可能?一定の条件を満たすことで受験ができます

保育士の免許には更新は必要ありません

保育士の免許は教員職員免許法が適用されないために、一度免許を取得すると定期的に更新する必要がありません。そのため、一度保育士の免許を取得すると全国各地で一生保育士として働くことが可能です。しかし、一度取得すると更新や講座に参加する必要がないので、古い知識だけで保育士として働いている人も多くいますが、定期的に開催されている講座へ積極的に参加すると良いでしょう。講座へ参加することで、新しい知識を身につけることが可能になります。

保育士の免許が紛失した場合には再交付が可能です

保育士の免許が紛失した場合には、登録事務処理センターで再交付の手続きをする必要があります。登録事務処理センターでは全国で活躍している保育士の管理をしているので、申請をすることで再交付をすることが可能です。しかし、再交付をするには手数料がかかるので、大切な保育士免許を紛失しないように気を付けることが一番でしょう。保育士の免許が紛失した場合には免許が再交付されるまでは、保育士として働くことができないので、紛失したら直ぐに再交付をしましょう。

中卒でも保育士の免許を取得できます

保育士の免許を独学で取得するためには学歴が必要になりますが、最終学歴が中学校でも一定の条件を満たすことで受験が可能です。最終学歴が中卒でも児童福祉施設で5年以上で7200時間以上の実務経験を積むことで受験が可能になります。独学で勉強をして試験に望むときにはスーツではなくて、私服でも受験が可能です。スーツを着ている人は試験管のみなので、ほとんどの人が私服で試験に望んでいます。筆記試験なら独学でも大丈夫ですが、独学の人にとっての一番の壁は実技です。

保育園の求人では子どもが大好きって人に是非やってほしい仕事です。保育士は大変で保育園にはやんちゃな子や大人しくて、外に遊びに行こうって言っても遊んでくらない子だっています。でもそれが保育士の仕事です。