バイト始めたいと思った時にどうやって探したらいいのでしょう

フリーペーパーや新聞広告で探す

バイト探しで一番手っ取り早い方法を近所のスーパーや書店などに置いてあるフリーペーパーや日曜の朝刊に挟まっている求人広告でしょう。まずフリーペーパーの良いところですが、近所だけでなく割と広範囲の仕事が探せる点です。近所でこれと言った仕事がなかなかない場合なくても少し距離を延ばすとより自分にあった求人を見つけ出すことも可能です。次に新聞の求人広告ですが、こちらは近所の仕事ばかりを集めてくれているため、フリーペーパーには載っていない地元の小さな会社や工場など、そして主婦の方でしたら時間も時短などのぴったりな仕事を見つけられることが多いようです。

携帯やスマートフォンのアプリやネットで探す

携帯やスマホでも今は様々な求人サイトのアプリでいろいろ探すことができます。この場合はフリーペーパーなどで探すよりピンポイントで自分の条件にあった求人情報を探すことができます。最近便利でおススメなのはLINEで求人サイトを友達に追加していればトーク画面から自分の希望条件を入力し送信するとすぐ求人サイトからいくつかの求人情報をトーク画面にて返信してくれるというサービスもあるのでいつでも思い立った時に探すことができます。

店頭に貼り出されている求人ポスターなどを見て探す

少々面倒くさいですが、実は一番おススメの方法です。情報誌やネットで探した場合、簡単に検索できる分不特定多数の人が同じ求人を見ているので当然応募件数も多くなりなかなか採用まで至らないというケースも珍しくありません。店頭に貼り出されている場合は見ている人もそこまで多くはないですし、何より実際店内の雰囲気やそこで実際に働いている人の顔なんかも見れたりしますので自分に合う合わないという点も応募する前に判断できますし面接の際も他の探し方よりは臨みやすいと思います。どの探し方にしても働いてお金を頂く以上多少の妥協は必要ですが、なるべくなら働きやすく自分にあった長く勤められるバイト先を見つけられたらそれに越したことはないですよね。

住み込みの求人に、実家から応募する場合はなんの問題もありません。しかし、賃貸に住んでいる人は、部屋を解約してしまう必要があることはよく考えましょう。仕事が合わなかったら、帰ってくる部屋を失います。